Life style PR

【GREGORYデイパック&ファインデイ】容量やサイズ感、耐久性の違いを徹底比較!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

GREGORYについて

GREGORY(グレゴリー)は1977年にアメリカのカリフォルニア州サンディエゴに設立されたアウトドアや登山用のバックパックの製造を専門とする企業です。

世界的なクライマーとして有名だったWayne Gregory(ウェイン・グレゴリー)と妻スージーの2人によって設立されました。

Wayne Gregoryは『”背負う”のではなく”着る”』ということを提唱しました。

そのため、本格的なアウトドア用のテクニカルパックは抜群の背負い心地を誇ります。

培われたノウハウはタウンユースやデイリー向けのバックパックにも存分に生かされており、『バックパック界のロールス・ロイス』とも称されています。

その後、GREGORYは2014年にサムソナイトに買収されましたが今もバックパックを造り続けています。

デイパック&ファインデイを比較

私はデイパックファインデイを所持しており、5年以上使用しています。

この記事ではデイパックファインデイを様々な角度から徹底比較してみました。

スペックを比較

デイパックファインデイスペックを比較します。

容量を比較

デイパックファインデイ「L(リットル)」で容量が表記されていますが、実際にはどの程度入るのか2Lペットボトルを詰めて比較してみました。

ファインデイ

ファインデイの容量は16Lで2Lペットボトル3本ピッタリと入ります。

スペック通りであればせめて4~5本程度は入っても良いはずですが入る気配はありませんね。

休日の外出ちょっとした買い物ぐらいなら困ることは少ないですが、仕事アウトドアとなると「容量が少ない」と感じることが何度かありました。

女性小学生にはちょうど良い容量ですね!

デイパック

デイパックの容量は26Lで2Lペットボトル3本を入れても余裕があります。

2Lペットボトルを最大6本まで収納することができます。

仕事日帰りハイキングぐらいなら困ることは少ないですが、宿泊を伴う旅行本格的な登山となると「容量が少ない」と感じることが何度かありました。

男性デイリーで使うのにちょうど良い容量ですね!

ディティールを比較

デイパックファインデイディティールを比較します。

同一のディティール

デイパックファインデイには多くの同一のディティールが採用されています。

8リングアタッチメント
アタッチメント用Dリング
レザージッパープル
トレッキングポール装着用ストラップ
スターナムストラップ
ジッパー付きメッシュポケット

異なるディティール

デイパックファインデイは同じように見えますが異なるディティールがいくつかあります。

スリーブポケット

スリーブポケットはデイパックにはありますが、ファインデイには無いディティールです。

ただ新モデルのファインデイ”V2”にはスリーブポケットメッシュオープンポケットが増設されています。

25mmウェストベルト

ウェストベルトはデイパックにはありますが、ファインデイには無いディティールです。

ボトムの裏地

デイパックのボトム部は補強されていますが、ファインディのボトム部は補強されていません。

ジッパー|フロント&メインポケット

フロントポケットはデイパックはダブルジップファインデイはシングルジップになっています。

メインポケットは両方ともダブルジップですが、ジッパーの太さが異なり、デイパックの方が堅牢性の高いYKK#10のジッパーが使われています。

背負ったサイズ感を比較

デイパックファインデイ背負ったサイズ感を比較します。

デイパックを背負ったサイズ感

デイパックは男性であればジャストサイズで小柄な女性や子供だと少し大きいかもしれません。

ファインデイを背負ったサイズ感

ファインデイは小柄な女性子供であればジャストサイズで男性だと少し小さいかもしれません。

耐久性を比較

デイパックファインデイ耐久性を比較します。

ジッパーは耐久性に差があり、ショルダーハーネスは今後使っていくうちに差が出てきそうでした。

ジッパー

ファインデイジッパーはデイパックよりも小型のものが採用されています。

そのため、ファインデイのジッパーは摩耗するのが早いように感じました。

ファインデイのジッパーは修理サービスを利用して新しいものに交換してもらっています。

ショルダーハーネス

ファインデイショルダーハーネスはデイパックよりも薄く柔らかくなっています。

使用されているのはライフスパンEVAという同一の素材ですが厚さが異なります。

ファインデイのショルダーハーネスの方が柔らかく小柄な方でも背負いやすい反面、早くヘタリそうな感じがします。

デイパックはこんな人にオススメ!

GREGORYデイパックはこんな方にオススメです。

仕事でもプライベートでも使う

仕事でもプライベートでも使いたいならデイパックがオススメです。

”大は小を兼ねる”ので様々な場面で使いやすく、汎用性が高いのが特徴です。

また、シングルポケット2wayポケットを外付けすることで容量や機能を拡張することができますよ。

”定番”や”ロングセラー”が好き

”定番”や”ロングセラー”が好きならデイパックがオススメです。

デイパックはGREGORYのリュックの中でも定番でブランド創業当時から存在し、40年以上のロングセラーです。

ロングセラーたる理由があり、40年間でタグディティールアップデートされている点も素晴らしいですね。

壊れないリュックが欲しい

壊れないリュックが欲しいならデイパックがオススメです。

デイパックを5年以上使っていますが生地の破れや縫製のほつれ無く、ショルダーハーネスのヘタリもありません。

また、最も負荷がかかるメインジッパーYKK#10のジッパーが使用されており、壊れる気配はありませんね。

ファインデイはこんな人にオススメ!

GREGORYファインデイはこんな方にオススメです。

プライベートで使う

プライベートで使うことがメインならファインデイがオススメです。

仕事のようにパソコンやタブレット、書類などを持ち運ぶ必要がなく、休日のお出かけちょっとした買い物であればファインデイは十分な容量です。

また、デイパックと同様にシングルポケット2wayポケットを外付けすることで容量や機能を拡張することができますよ。

”ミニマリズム”や”U.L.”が好き

”ミニマリズム””U.L.”が好きならファインデイがオススメです。

ファインデイは本体が軽量で無駄な装飾もなく、ミニマリズムU.L.(ウルトラライト)が好きな人にも気に入ってもらえると思います。

レザージッパープルを外したりブラックに変更したりすることで見た目もスッキリしますよ。

コンパクトなリュックが欲しい

コンパクトなリュックが欲しいならファインデイがオススメです。

ファインデイはコンパクトなリュックで女性子供(小学生)にも背負いやすいサイズ感です。

また、コンパクトなのに生地はデイパックと同一で頑丈さも兼ね備えているところも良いですね。

まとめ

GREGORYデイパックファインデイを様々な角度から比較してみました。

この記事が皆さんのリュック選びの参考になればと思います。