Life style PR

【アロマディフューザー】コスパ・コンパクト・コードレスの3拍子揃ったオススメを紹介!充電式で車内でも使えるネブライザー式!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

アロマディフューザーとは?

アロマディフューザーとはアロマオイル香りを空間に拡散させる器具のことを指します。

アロマディフューザーには様々な種類があり、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

この記事ではコスパ・コンパクト・コードレス3拍子揃ったENERG e’s Tourのアロマディフューザーを紹介します。

ENERG e’s Tourを紹介

ENERG e’s Tourは一言で言うと「車内でも使えるコスパ・コンパクト・コードレスの3拍子揃ったアロマディフューザー」です。

ENERG e’s Tourはamazon楽天で購入できます。

充電式でどこでも使える

ENERG e’s Tourは充電式なのでどこでも使えます。

USB-Cによる充電式で2000mAhの大容量バッテリーのため、最大40時間連続で使用することができます。

電源のない車内玄関トイレなどでも使用することができますね。

充電し忘れてしまった場合でも、給電しながら使用可能なのも安心です。

また、USB-Cは汎用性が高く、EU(欧州連合)では2024年秋にモバイル機器全般をUSB-Cに統一する無線機器法の改正案について暫定合意しました。

今後はUSB-Cでの電子機器が増えることが予想され、充電器を複数持たなくて済むのもメリットと言えそうです。

コンパクトなのにハイパワー

ENERG e’s Tourはコンパクトなのにハイパワーです。

350ml缶とほぼ同じ大きさですが、噴霧式(ネブライザー式)でアロマオイルをミスト状にして拡散するので、香りの拡散力・持続力高いのが特徴です。

車内はもちろん最大60~80平米(約40畳)まで対応しており、様々な使い方ができるのが特徴です。

また、本体にセットする精油瓶は最大20mlのものが使えるのでアロマオイルの補充が少なくて済むのもいいですね。

香りの強弱&オフタイマー付

ENERG e’s Tourには香りの強弱オフタイマーが付いています。

香りの強弱

香りの強弱はの3段階から設定できます。

車内40畳まで対応しており、目安となる設定部屋の広さをまとめてみました。

オフタイマー付き

オフタイマーは1時間2時間3時間の3段階から設定できます。

使用する場面に合わせてオフタイマーを設定すると良いでしょう。

  • ベッドルームで使う時は1時間
  • 長距離のドライブなら2時間
  • 自宅のリラックスタイムは3時間

また、消し忘れても4時間でオフになるため、オイルが無駄になりにくいところも良いですね。

実際に使ってみた

ENERG e’s Tourを実際に使ってみました。結果、かなり満足しています。

濃厚な香りを楽しめる

ENERG e’s Tourは噴霧式(ネブライザー式)で濃厚な香りが楽しめます。

噴霧式(ネブライザー式)のアロマディフューザーはアロマオイルをミスト状にして噴霧するので香りが濃いのが特徴です。

水で薄めてミスト状にする超音波式よりもアロマオイルの濃厚な香りが楽しめるのが好きで噴霧式を選ぶ方も多いですね。

アロマオイルの香りをしっかりと感じたい方にオススメです。

車内でもアロマを楽しめる

ENERG e’s Tourは車内でもアロマを楽しむことができます。

350ml缶とほぼ同じ大きさなのでボトルホルダーにピッタリと収まります。

USB-Cで充電可能なので車内でカーチャージャーを使って充電することができるのも良かったです。

また、アロマディフューザーは芳香剤と違って車内に香りが付きにくいです。

芳香剤を使うと香りが強く、車内に付いてしまって違う香りに変えられなかったりしませんか?

アロマディフューザーは使用している間は良い香りがしますが、スイッチをオフすれば香りが必要以上に残ることはありませんでした。

アロマオイルを変えれば、香りを変えられるのも良いですね。

メンテナンスが簡単

ENERG e’s Tourはメンテナンスが簡単です。

精油瓶に無水エタノールを入れてスイッチを入れることでノズル噴霧口についてしまったアロマオイルを溶かして洗浄してくれます。

メンテナンス後には香りも残らないので、別のアロマオイルに変えて使用できます。

アロマオイルを扱う上で無水エタノールは便利なので準備しておくと良いでしょう。

少し気になる点

使ってみて少し気になる点を挙げてみます。

無風だと拡散しにくい?

ENERG e’s Tourは無風だと広範囲には拡がりにくいです。

実際に使ってみましたが、無風だと香りを感じるのは10畳ぐらいでした。

ただ、噴霧された香りは濃いので、エアコン扇風機サーキュレーターを合わせて使用することで広範囲に香りを行き渡らせることができます。

部屋の中で使用する場合は、空気の流れを作るのがポイントと言えそうです。

高粘度のアロマオイルはNG

ENERG e’s Tourには高粘度のアロマオイルは向いていません。

噴霧式(ネブライザー式)のディフューザーは精油瓶に入ったアロマオイルをノズルを通して吸い上げ、ミスト状にして拡散させます。

粘度が高いアロマオイルを使用すると、ノズルが詰まってしまって故障の原因となることがあります。

下記のような粘度の高いアロマオイル使用を避けるか、ブレンドして使用すると良いでしょう。

ノズルが詰まってしまった場合には無水エタノールでアロマオイルを溶かして洗浄すると直る場合があります。

オススメのアロマディフューザー3選

コスパ・コンパクト・コードレス3拍子揃ったアロマディフューザーを3つ紹介します。

ENERG e’s Tour

Lively Life

Aroma mobi

まとめ

アロマディフューザーのENERG e’s Tourを紹介しました。

車内でも使えるコスパ・コンパクト・コードレスの3拍子揃ったオススメできるアロマディフューザーです。

間違いなく生活の質が上がりますので、ぜひ一度使ってみてくださいね。