Life style PR

【NANGAポケッタブルエコバッグ】レビュー!軽量コンパクトなアウトドアでも使えるエコバッグ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

NANGAについて

NANGAは1990年に創業した日本が世界に誇る総合アウトドアメーカーです。

アウトドア好きな方なら間違いなく知っているメーカーの一つですね。

特にシュラフなどの羽毛製品が有名でMADE IN JAPANにこだわって自国で作り続けています。

ナンガは、1941年に先代「横田晃」によって、近江真綿布団の産地からスタートした、羽毛の町から生まれた寝袋メーカーです。
社名「ナンガ」はヒマラヤ山脈にある「ナンガ・パルバット」に由来しています。
ナンガ・パルバットは標高8126mで世界で9番目に高く、別名「人喰い山」とも恐れられ、今までにたくさんの遭難者を出してきた登頂が困難な山のことを指し、その社名には創業者横田晃の「困難だからこそやってやろう、みんなが登らんとこを登ったろうという」という思いが込められています。そのNANGAのこだわりは羽毛です。
長年培ってきた、羽毛の選定・洗毛・管理のノウハウによって、よりあたたかい羽毛製品を作り続けることができています。

NANGAホームページ

ポケッタブルエコバッグを紹介

ポケッタブルエコバッグは一言でいうと『アウトドアメーカーが作った軽量コンパクトなエコバッグ』です。

ポケッタブルエコバッグには新・旧モデルが存在します。

新モデルのポケッタブルエコバッグにはブラック、ボルドー、コヨーテ、ゴールド、グレー、ライム、モーブ、ネイビー、パープルの9色が展開されています。

今回紹介するのは旧モデルですが、新モデルとの違いは生地ロゴぐらいでほとんど変わりません。

旧モデルは在庫のみですが、デザインの好き嫌いで選んでも良いと思います。

モデル

  • 素材:15Dリップストップナイロン
  • 展開時サイズ:H410mm×W650mm
  • 収納時サイズ:W40mm×H70mm
  • 重量:23g

モデル

  • 素材:20Dリップストップナイロン
  • 展開時サイズ:H410mm×W650mm
  • 収納時サイズ:W40mm×H60mm
  • 重量:26g

抜群の携帯性

ポケッタブルエコバッグの重さは鶏卵の半分ぐらいしかありません。

実際に測ってみると25.4g(カタログ値+2.4g)でした。

大きさもSサイズの鶏卵ぐらいです。

アウトドアブランドが作ったエコバッグということだけあって、持っているのを忘れるほど軽く小さいです。

アウトドアテイストのカバンであればキーホルダーのようにぶら下げておいても良いでしょう。

耐久性の高い生地

ポケッタブルエコバッグにはリップストップナイロンが使われています。

リップストップナイロンとはナイロン生地に格子状にナイロン繊維が縫い込んだ生地を指します。

その名前の通り「裂ける:Rip」ことを「食い止める:Stop」特徴があります。

テントやシュラフなどにも使用される生地で耐久性はお墨付きです。

アウトドアでも活躍してくれそうです。

シュラフのようなデザイン

ポケッタブルエコバッグはミニサイズのシュラフのようなデザインになっています。

他では見たことの無いデザインではないでしょうか?

シュラフが売りのアウトドアブランドなだけありますね。

ポケッタブルエコバッグを使用しているとさりげなくアウトドア好きをアピールできますよ!

ちなみに収納袋縫い付けられていて無くさないようになっています。

実際に使ってみた

実際に使ってみました。結果、満足しています。

予想を超える超軽量

ポケッタブルエコバッグはカバンの中に入れているのを忘れるぐらい超軽量です。

常にカバンに入れておけば予定外の買い物でもサッと取り出して使えますね。

エコバッグをカバンに入れたり、出したりするの面倒くさい方にオススメです。

ちょうどよい収納力

ポケッタブルエコバッグはレジ袋でいうとMサイズぐらいの大きさに該当します。

1~2人分の日常生活における買い物であれば十分入るのではないでしょうか?

まとめ買いをする方には小さいかもしれませんが、ちょっとした買い物をしたときにサブバッグとしては十分活躍してくれます。

バックパックとの相性◎

ポケッタブルエコバッグはアウトドアテイストのため、バックパックとの相性は抜群です。

カラーも豊富なため、お気に入りのバックパックに合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

少し気になる点…

使ってみて少し気になる点を挙げてみます。

収納方法

ポケッタブルエコバッグには大きく分けて2つの収納方法があります。

  1. キレイに折り畳む
  2. ぐしゃぐしゃ詰め込む

キレイに折りたたむ

キレイに折り畳むには多少手間がかかりますがシワが目立ちにくいです。

ぐしゃぐしゃ詰め込む

ぐしゃぐしゃと詰め込んでいくと収納は簡単ですが次に使うときにシワが目立ちます。

使ったあとに簡単にキレイに収納できるような工夫があると良いですね。

シワが気になる

ポケッタブルエコバッグは購入時からシワがあり、商品説明にも「時間の経過とともにシワは軽減されます」と記載されています。

しかし、1年以上使っていてもシワは残っており、軽減されているのか微妙な感じですね。

多少は軽減しているような気もしますが…。

小さく収納するので多少のシワは許容しなくてはいけないかもしれません。

まとめ

NANGAポケッタブルエコバッグを紹介しました。

『アウトドアメーカーが作った軽量コンパクトな』オススメできるエコバッグです。

アウトドア好きな人はもちろん、そうでない方にも満足してもらえると思います。