Life style PR

【Clipa2/クリッパ2】壊れた滑り止めパッドを交換用パッドで修理!正規品をオススメする理由も紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

Clipa2を紹介

Clipa2はデザイナーのMike Sweeneyがデザインした高級感のあるオシャレなバッグハンガーです。

日本ではアークトレーディングという会社が正規代理店として取り扱っており、米国・国際特許を取得、日本でも意匠権を取得しています。

Clipa2のスペック

Clipa2のサイズは直径7cm厚さ0.9cm、重さが48gMサイズの卵(50g~60g程度)と同じぐらいで耐荷重15kgとなっています。

手にのせてみると小ぶりではありますが、ずっしりとした質感で安っぽさは全くありません。

Clipa2のカラー

Clipa28種類のカラーが展開されています。

ブラックシルバー(つやなし)を購入しましたが、マットな質感で高級感があり、かなり満足しています。

つやなしタイプはバッグにぶら下げておいても悪目立ちしないのでオススメです。

Clipa2の使い方

使い方は至ってシンプルで本体を広げてバッグを掛けるだけです。

両端には滑り止めパッドがついており、ずれ落ちにくくなっています。

また、最後まで広げても固定されずにバネの力で閉じるようになっています。

バッグを持ち上げると掛けていた部分に引っかかるので失くしにくいと言えますね。

Clipa2を購入できるオンラインショップ

Clipa2並行輸入品非正規店でも購入することはできますが、日本総代理店であるArkTradingもしくはオンラインショップでも正規取扱店で購入するのがオススメです。

正規取扱店で購入した正規品でないと通常使用で破損した場合に修理サービスを受けることができないからです。

オンラインショップは下記の正規取扱店がオススメです。

滑り止めパッドが破損したので交換

Clipa2の滑り止めパッドが破損し、交換用パッドで修理した話をまとめてみました。

滑り止めパッドが破損

Clipa2を使い始めて半年ほどたった頃に滑り止めパッドが破損しているのに気がつきました。

破損した時期は不明で、耐荷重(15kg)以上の荷物をかけたこともなく、注意書きにあるような環境で使用したこともありませんでした。

Clipa2使用上の注意

樹脂パッドが接する面(テーブルなど)が極端に固い場所や、鋭利な角がある場合、鋭角な箇所にパッドが当たり、切れたりすることがあります。切れた箇所より裂けたり割れたりすることが稀にございます。ご使用の際はご注意をお願いいたします。

Clipa2日本総代理店ArkTradingホームページ

日本総代理店に連絡

口コミレビューでは滑り止めパッドの破損は時々あるようだったので日本総代理店のArkTradingに修理可能か問い合わせてみました。

担当者の方からの返信メールには下記のようなことが書かれていました。

耐荷重注意書き守って使用していましたが、領収書は破棄してしまっていたので購入店や購入日を証明できるものはありませんでした。

領収証は破棄してしまって手元に無いこと、約半年前正規取扱店で購入したことを記載し、パッド破損部の写真を添付したメールを返信しました。

すると、なんと今回は無償で交換用パッドを送付してくれるとメールが返ってきました。

破損したパッドを交換

数日後に封筒に入れられた交換用パッドが届きました。

封筒には交換用パッドだけで無く、交換の手順書手紙が入っており、好印象でした。

早速、手順に沿ってパッドを交換していきます。

まずは破損したパッドを剥がします。

剥がす際にパッドがボロボロと割れてしまい、綺麗に剥がすのに手間取りました。

次にパッドを剥がした接着面をアルコールで拭いていきます。

その後、交換用パッド粘着面に触れないように注意しながら張り替えていきます。

手順通りに行えばそれほど難しくなく、10分程度で修理完了です。

パッドのみ購入可能

後で知りましたが、日本総代理店のArkTradingにて交換用パッド購入可能です。

持っているClipa2並行輸入品非正規取扱店で購入したものであれば交換用パッドを購入して交換するようにしましょう。

普通に使っていてもパッド部分は消耗品なので交換用パッドを購入できるのはありがたいですね。

まとめ

Clipa2/クリッパ2の滑り止めパッドを交換した話を紹介しました。

シンプルで永く使いたいと思える商品だからこそ消耗部品を交換できるのは良いですね。

今後も末長くClipa2/クリッパ2を使っていこうと思います。