Life style PR

【MacbaTros®オックスフォードシャツ】レビュー!日本製・高品質・高コスパ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

MacbaTros®について

MacbaTros®㈱羽衣シャツのファションブランドの一つです。

㈱羽衣シャツとは?
東京都墨田区にて1954年にシャツ専業メーカーとして創業。『ものづくりの町すみだ』で60年以上にわたってこだわりのシャツを発信。

㈱羽衣シャツHP

MacbaTros®は1981年から「古き良きアメリカ×現代×国内生産」を掲げてきました。

MADE IN JAPANにこだわり、古き良きアメリカンテイストの高コスパのシャツを数多く展開しています。

日本人に合わせたサイズ感で選び抜かれた素材やパーツを職人が丁寧に縫製して作られるシャツは最高の着心地です。

オックスフォードシャツを紹介

MacbaTros®オックスフォードシャツは一言でいうと『MADE IN JAPANの高品質・高コスパのカジュアルシャツ』です。

ここで紹介するオックスフォードシャツはロングスリーブボタンダウンになります。

カラーは全16色(ホワイト・アイスブルー・シトロン・グレー・M.S.ブルー・スイトピー・ウィローグリーン・モカブラウン・セラドングリーン・ラズベリー・ボトルグリーン・プラム・スモーキーブルー・ブラック・ネイビー・ローズピンク)あります。

サイズは各色M・L・LLがあり、一部カラーでXXLがあるようです。

価格ついては公式オンラインショップが無く、定価は不明でした。

取り扱っているネットショップでは税込5,500円前後で販売されているようです。

MADE IN JAPAN

皆さんも好きですよね?MADE IN JAPAN。

生地や縫製などにこだわったMADE IN JAPANは私も大好きです。

この価格帯でMADE IN JAPANの高品質シャツは他に無いのでは?と思います。

商品を購入することで日本の会社を応援できるのもいいですね。

日本人向けのサイズ

アメリカンテイストのブランドで困るのがサイズ感ですよね。

MacbaTros®オックスフォードシャツは身幅・着丈・アームホールなどが日本人向けサイズで作られています。

小柄な方であれば「デザインは好きだけどサイズが合わない…」という経験は多いのではないでしょうか?

小柄な方にもMacbaTros®オックスフォードシャツはオススメです。

参考までに…私は162cm52kgでMサイズを購入しています。

小さめに作られていて洗濯によって若干縮むため、ワンサイズ上げて購入すると良いでしょう。

耐久性の高い生地

MacbaTros®オックスフォードシャツはコットン100%のヘビーオックスフォード生地が採用されています。

ホワイト以外は1枚で着ても透けることなく着ることができそうですね。

感覚的にビジネスシャツの1.5倍の厚さをイメージしてもらうと良いと思います。

こだわりのボタン

MacbaTros®オックスフォードシャツのボタンは天然の貝ボタンが採用されています。

貝ボタンは高級シャツに採用されることが多く、天然の貝をくり抜いて作るため一つひとつ違った表情があります。

ちなみに貝ボタンとプラスチックボタンは価格が全く違うみたいですね。

  1. プラスチックボタン
    • 1~2円/個
    • 熱で変形しやすい
  2. 貝ボタン
    • 高瀬貝:20円/個・白蝶貝:100円/個
    • 高圧プレスで欠けやすい

※MacbaTros®オックスフォードシャツには高瀬貝が採用されていると思われます。

オックスフォードシャツを1年間着てみた

実際に1年間着てみました。結果、めちゃくちゃ満足しています。

もう白シャツはMacbaTros®オックスフォードシャツ一択なのではないか?と思えるほどです。

絶妙なサイズ感

商品説明にあった通り、日本人に合わせたサイズ感でした。

身幅とアームホールは窮屈すぎない程度に絞ってあってダボつかず、裾は長すぎずにスッキリと見えます。

インナーは半袖・長袖Tシャツどちらでも問題ありませんでした。

洗えば洗うほど馴染む生地

コットン100%の生地で洗えば洗うほど身体に馴染んで着やすくなってきます。

洗いざらしのコットン生地は多くの人に気に入ってもらえるのはないでしょうか?

今まで着てきたシャツは”経年劣化”でしたがMacbaTros®オックスフォードシャツは”経年変化”していくシャツです。

洗濯によって若干縮みが出ますが、着れば着るほど愛着がわく最高のシャツですね。

ほつれない丁寧な縫製

1年間着ていますが、ボタンホールや裾などにほつれは全くありません。

生地の耐久性が高いのに加えて技術力の高い職人による縫製だからこそ作れるシャツと言えます。

白シャツという万能アイテム

MacbaTros®オックスフォードシャツに限った話ではないですが、ベーシックな白シャツは1枚持っておくと重宝しますよね。

合わせるパンツを選ばないのでコーディネートで悩む時間が無くなります。

また、フォーマルなシーンを除けばどこへでも着ていけます。

  1. 洗いざらしでカジュアルに着る
  2. アイロンをかけてキレイめに着る
  3. 春秋はアウターとして着る
  4. 冬はインナーとして着る

MacbaTros®オックスフォードシャツのインナーは下記がオススメですよ。

少し気になる点

1年間着てみて少し気になった点を挙げてみます。

綺麗に着るならアイロンがけ

コットン100%のため洗うとシワになりやすいです。

カジュアルに着るならそのままでもOKですが、キレイに着たいならアイロンがけすると良いですね。

貝ボタンが欠けることも

天然の貝ボタンを使っているため、欠けることがあります。

多少欠ける事はありましたが、今のところ付け替えなくてはいけないほど欠けることは無いですね。

まとめ

MacbaTros®オックスフォードシャツを紹介しました。

『MADE IN JAPANの高品質・高コスパのカジュアルシャツ』です。

取り扱っている店舗が少ないのでネットで購入すると良いですよ。