Life style PR

【patagoniaバギーズショーツ】30代~40代おじさんが履くとダサい?ミニマリスト愛用の最高の短パンをレビュー!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

patagoniaについて

パタゴニア(Patagonia)はアメリカにて1965年に創業したアウトドア用品メーカーです。

登山用品だけでなく、サーフィンアウトドア軍用品なども製造販売しています。

また、環境に配慮する製品作りに力を入れており、1996年以降のコットン素材商品には無農薬オーガニックコットンを用い、ウール製品は非塩素処理原料を用いています。

バギーズショーツを紹介

バギーズショーツは一言でいうと『アウトドアNo.1ショーツ』です。

バギーズショーツにはメンズウィメンズだけでなく、キッズベビーサイズも展開されています。

ここで紹介するのは下記のバギーズショーツ(メンズ5インチ)になります。

バギーズショーツにはロングタイプ7インチもあります。

撥水性&速乾性のある生地

バギーズショーツには撥水加工のされたリサイクルナイロン生地が採用されています。

撥水加工されているため、汚れが付きにくい生地になっています。

また、夏場であれば朝に洗濯して干せば、昼には乾いているぐらい速乾性の高い生地です。

汚れにくく乾きやすいため、アウトドアに持っていく服を減らすことができるのがいいですね。

万能な水陸両用ショーツ

バギーズショーツは万能な水陸両用ショーツです。

メッシュライナーが付いているので、プールや海でもインナー無しでOKです。

また、両側のポケットは水中での抵抗を抑えるデザインになっており、水中でも快適に動くことができます。

ポケットの裏地は本体に縫い付けられており、部分的にメッシュ生地で水中でも水が抜ける構造になっています。

便利な3つのディティール

バギーズショーツには便利な3つのディティールがあります。

ドローコード

ウエストバンド内側にはドローコードがついています。

ウエストバンドにも伸縮性があるので日常生活ではドローコード無くても問題ないです。

ただ、アウトドアスポーツで着用する時はドローコードがあると安心ですね。

特に水着には必須のディティールと言えます。

キーループ

右側のポケットの中にはキーループがついています。

キーループはゴムでできているので、伸縮性があって取り出して使う場面でも便利です。

ただキーリングは無いので、小さめのカラビナに鍵を通すと良いでしょう。

キーループがあれば水中でカギを無くさずににすみますね。

ヒップポケット

ヒップポケットはフラップがついたスナップボタンになっています。

フラップ付きなので中に入れたものを落としにくいです。

また、ヒップポケットも裏地はメッシュになっており、水中でも水が抜ける構造になっています。

実際に履いてみた

バギーズショーツを実際に履いてみました。結果、かなり満足しています。

No.1アウトドアショーツ

バギーズショーツはNo.1アウトドアショーツと言え、アウトドアに最適な3つの性能がついています。

アウトドアであれば他のショートパンツはいらないと言えるぐらい便利ですね。

街中で履いてもダサくない

バギーズショーツは街中で履いてもダサくありません。

30代〜40代になって街中でショートパンツを履きこなすのは結構難しいです。

子供っぽくなりすぎたり、だらしなく見えたりしてしまいやすいからですね。

ショートパンツ選びのポイントをまとめてみました。

バギーズショーツは絶妙なシルエットかつシンプルなデザインのオススメショートパンツといえますね。

5インチと7インチの選び方

バギーズショーツは「5インチ7インチどっちがいいの?」と迷う方が多いのではないでしょうか?

バギーズショーツの「インチ」股下の長さを表しており、サイズの大小に関わらず股下は全て同じ長さになっています。

  1. 5インチ
    • 股下が5インチ=約13cm
  2. 7インチ
    • 股下が7インチ=約18cm

5インチ7インチはわずか5cmの差でしかありませんが、履いた時の印象が変わります。

選ぶ時に必ず参考にして欲しいのは「身長」です。

参考までに身長162cm5インチXSサイズを履いていますが、「太もも中央~膝上」でちょうど良いサイズです。

身長が高いなら7インチがオススメです。

少し気になる点

履いてみて少し気になる点を挙げてみます。

ポケットが微妙…?

バギーズショーツの両側のポケットが微妙だなと感じることがあります。

ポケットは本体に縫い付けられており、縦に長く、深めです。

ポケットが深いため、スマホや財布を入れるとショートパンツの裾が伸びてしまってだらしなく見えます。

スマホなし

スマホあり

ポケットにスマホを入れて歩いていると、ポケットが前後に振れて歩きにくいです。

手ぶらでポケットにスマホや財布を入れて出かけることが多い方は試着して確認することをオススメします。

メッシュライナーが邪魔との声も…

バギーズショーツにはメッシュライナーが付いており、インナー無しで水着としても使えます。

しかし、下着の上から履くとメッシュライナーが干渉してゴワゴワすることがあります。

水着として使用することが無い場合には、メッシュライナーを切ってしまうという人もいるようです。

ただ下着をボクサーパンツにするとほとんど気にならなくなりますよ。

まとめ

patagoniaのバギーズショーツを紹介しました。

アウトドアに欲しい性能が詰まっているオススメのアウトドアNo.1ショートパンツです。

街中でも、アウトドアでもガンガン履いてみてくださいね。