Life style PR

【adidasスタンスミス】レビュー!2年履いて分かった本革がオススメの理由!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

adidasスタンスミスを紹介

adidasとは?

説明するまでもないかもしれませんが簡単にまとめてみました。

adidasは1948年にアドルフ・ダスラーが設立したスポーツブランドです。

アドルフ・ダスラーは1920年に兄のルドルフ・ダスラーとダスラー兄弟商会を設立しています。

しかし、1948年に兄弟の対立によってダスラー兄弟商会を解消し、弟アドルフadidasを設立、兄ルドルフはRUDA(翌年よりPUMA)を設立しました。

adidas

アディダス(Adidas AG、”adidas”)は、靴、衣類、アクセサリーのデザイン・製造を行うドイツの多国籍企業。ヨーロッパでは最大のスポーツウェアメーカーであり、世界ではナイキに次ぐ第2位。

PUMA

プーマ(Puma SE)は、ドイツのバイエルン州ミッテルフランケン・ヘルツォーゲンアウラハを本拠地とするスポーツ用品の製造・販売を行う多国籍企業。1948年ルドルフ・ダスラー(アディダスの創業者アドルフ・ダスラーの兄)によって設立される。1959年に株式合資会社(KG)、1986年に株式会社(AG)、2011年に現在の欧州会社(SE)に組織変更。

Wikipedia

兄弟で世界に通用するスポーツブランドを立ち上げるなんてすごいですね。

スタンスミスとは?

スタンスミスはadidasのスニーカーを代表するモデルで“世界で一番売れたスニーカー”としてギネスに認定されています。

1970年頃に活躍したアメリカのテニスプレーヤーであるスタン・スミスにちなんで名付けられました。

今や白スニーカーの代名詞とも言われ、誰もが1度は目にしたことがあるスニーカーなのではないでしょうか?

本革のスタンスミスとは?

スタンスミスには大きく分けてオリジナルモデルABCマートモデルが存在します。

オリジナルモデルには2021年ごろまで天然皮革が使用されており、本革モデルとも呼ばれていました。

しかし、残念ながら2022年に天然皮革のオリジナルモデル(品番CQ2870)は廃盤となり、合成皮革が使用されるようになりました。

ABCマートモデルには合成皮革が使用されたものしかありません。

  1. オリジナルモデル
    • 税込14,300円
    • シュータンが薄く、アッパー外側に金色ロゴ、ソールがクリーム色
    • 2021年12月まではアッパーの素材に天然皮革を使用
    • 2022年以降はアッパーの素材に合成皮革を使用
  2. ABCマートモデル
    • 税込10,890円
    • シュータンが厚く、アッパー外側ロゴ無し、ソールが白色
    • アッパーの素材に合成皮革を使用

今回紹介している下記は天然皮革のオリジナルモデル(品番CQ2870)になります。

今も購入できる本革のスタンスミス

「廃盤」と聞くと残念ですよね。

しかし、今も購入できる本革のスタンスミスが存在します。

それが「スタンスミスLUX」というモデルです。

スタンスミスLUXは一言でいうと「ワンランク上の上質なスタンスミス」です。

時代を超えて愛されるデザインの、プレミアムなスタンスミス。

アディダスのスタンスミスは50年前にテニスコートでデビューしてから世界中にその人気が広まり、すっかり定着した。このバージョンはこの象徴的なレザースニーカーをそのままの形で再現したもの。質が良く、スタイリングを選ばないタイムレスなデザイン。パーフォレーションのスリーストライプスからスタンスミスのロゴとラベルまでシグネチャーディテールをすべて踏襲している。

adidasホームページ

これからスタンスミスを購入するなら価格は少し上がりますが、間違いなくスタンスミスLUXがオススメです。

本革のスタンスミスを履いてみた

実際に履いてみました。結果、めちゃくちゃ満足しています。

シンプルで洗練されたデザイン

スタンスミスは50年もの間マイナーチェンジを繰り返してデザインが洗練されてきました。

そのため、無駄な装飾がないシンプルなデザインになっています。

様々なカラーが展開されていますが、ホワイト/ネイビーやホワイト/ブラックといった2色のモデルがシンプルでオススメです。

服を選ばないスニーカー

スタンスミスは定番の白スニーカーと言われるだけあって合わせる服を選びません。

ジョガーパンツと合わせてスポーティに履いたり、スラックスと合わせてキレイめに履いたり幅広く活躍してくれるでしょう。

意見が分かれるかもしれませんが、場合によってはビジネスカジュアルにも良いかもしれません。

経年変化が楽しめる

本革のスタンスミスでしか楽しめないのが経年変化です。

天然皮革を使用したスニーカーは履くことで経年変化し、履けば履くほど味が出るスニーカーと言えます。

革靴が好きな方や本革を使用したスニーカーを履きたい方にオススメです。

抜群の履き心地

本革のスタンスミスは何処にでも履いていきたいスニーカーです。

履き始めは少し硬さがありますが、自分の足に馴染むと抜群の履き心地になります。

合成皮革を使用したスニーカーでは自分の足に合わせて馴染むことが無いので履き心地が大きく変化することは無いと思います。

私の中で長い距離を歩きそうな日は履きなれた本革のスタンスミス1択です。

少し気になる点…

履いてみて少し気になった点を挙げてみます。

履き始めは少し硬い

比較的柔らかい革が使われていますが履き始めは少し硬さがあります。

また、靴型もスリムなので最初は長い距離を歩くと靴擦れを起こすこともありました。

しかし、2~3週間もすれば馴染んできますので心配ないですよ。

雨に弱い…?

本革が使われているため「雨に弱い」と言われています。

しかし、スタンスミスに使われている革は「顔料仕上げ」という比較的水に強い革だと思われます(違っていたらすみません…)。

雨の日に履いたらレザークリームでケアしていますが、雨の日だから履かないということは無いですね。

今回使用している写真は本革のスタンスミスで撮影の前に1度丸洗いしていますが全く問題ないです。

まとめ

adidasオリジナルスタンスミスを紹介しました。

『世界一売れたスニーカー』というだけあって皆さんにオススメできる白スニーカーです。

天然皮革が使用されたオリジナルモデルの再販を期待しています。