Health care PR

スポーツトレーナーなら知っておきたい!スポーツで起きる皮膚トラブルの対処方法まとめ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
理学療法士

スポーツ現場で皮膚トラブルって多いのですか?

ぴーすけ

スポーツ現場では皮膚トラブルが意外と多いね

タコやマメ爪が割れたり、擦り傷や切り傷なんて当たり前。

理学療法士

スポーツ現場で多い皮膚トラブルについて教えてください!

ぴーすけ

この記事ではスポーツ現場で遭遇しやすい皮膚トラブルについて解説するね!

タコ・マメ(水ぶくれ)

ぴーすけ

タコやマメを放っておいていませんか?

タコやマメは痛みの原因になり、パフォーマンスを低下にもつながりかねません。

そのため正しい知識と対象方法を身につけることが重要です。

タコとは皮膚の1か所に刺激が加わることでできる角質層が厚く硬くなったものとされています。

タコは削るのが基本となります。

マメとは皮膚の1か所に刺激が加わることでできる水ぶくれになったものとされています

マメの皮膚は無理に剝がさず、そのままにしておいて皮膚を乾かさないように管理するのが基本になります。

タコとマメの対象方法は似ているようで全く違います。

タコとマメの正しい知識と対象方法は下記の記事にまとめていますのでどうぞ。

爪割れ

ぴーすけ

爪が割れないように予防していますか?

爪は指先に力を伝えるのに重要な器官であり、爪が割れてしまうと指先に力を伝えにくくなってしまいます。

要するに指先を使うスポーツではパフォーマンス低下に直結するということですね。

また、爪が割れると痛みを伴いますし、生え変わるまで時間がかかるため、その間パフォーマンスが制限され続けます。

爪のケアでは3つのポイントがあります。

  1. 割れるのを予防する
  2. ヒビが入った時の対処方法
  3. 完全に割れてしまった時の対象方法

最も大事なのは①割れるのを予防することです。

爪切りよりも手間はかかりますが、爪ヤスリで整えることをオススメします。

また、爪は皮膚の一部ですので身体の外からケアすることも大事ですが、爪に必要な栄養素を摂取する為の食事も重要です。

爪が割れないように予防する方法と割れた時の対処方法は下記の記事にまとめていますのでどうぞ。

擦り傷・切り傷

ぴーすけ

擦り傷・切り傷の正しい対処できていますか?

スポーツ現場では毎日のように擦り傷や切り傷に遭遇します。

基本的な対処は下記のように進めていきます。

  1. 止血する
  2. 流水で洗い流す
  3. 傷口の大きさや深さを確認する
  4. 乾燥させない
  5. 傷口を保護する
  6. 傷口を管理する

擦り傷や切り傷は一歩間違うと感染症を引き起こし、病院で外科的な処置が必要になってしまいます。

しかし、そうかといって擦り傷・切り傷の対処には特別高価な道具が必要なわけではありません。

全て必要なものをそろえても数千円程度でしょう。

正しい順序で正しい道具を使って対処できれば感染症のリスクを少なくすることができます。

擦り傷・切り傷の正しい知識は下記の記事にまとめていますのでどうぞ。

まとめ

ぴーすけ

皮膚トラブルについてまとめてみたけどうだったかな?

理学療法士

知らないことも多かったので勉強になりました!

ぴーすけ

この記事の内容は基本になるから覚えておいて損は無いと思うよ!

理学療法士

ありがとうございました!