Health care PR

スポーツトレーナーなら知っておきたい!タコとマメの対処方法を紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
選手

手のひらにマメが出来てしまって痛いんですがどうすればいいですか?

ぴーすけ

スポーツ現場で意外と多いのが皮膚トラブルだね!

選手

たしかにタコやマメができたり、爪が割れたり、擦り傷や切り傷なんて当たり前ですね。

ぴーすけ

この記事ではプロ野球チームでトレーナーをしている私がタコとマメの対処方法について解説するね!

タコとマメ

ぴーすけ

スポーツ現場の皮膚トラブルで最も多いかもしれないね!

靴擦れによる足のタコやマメであったり、ラケットやバットを握ることによる手のタコやマメは誰しも一度は経験あるのではないでしょうか?

私も野球経験があるので手のタコやマメには悩まされていました。

  • 手の皮膚が痛くてバットを振れない
  • 靴擦れが痛くて思うように走れない

絆創膏を貼った上からテーピングを巻いたりして対処している方が多いのではないでしょうか?

痛みが無ければ良いと思われるかもしれませんが、肌トラブルへの対処方法によって治るまでの期間が違ってきます。

私がスポーツ現場で実際に行っているタコやマメの対処方法について紹介したいと思います。

タコ

ぴーすけ

タコについて説明するね!

タコとは何か?

皮膚の1か所に刺激が加わることでできる角質層が厚く硬くなったものがタコとされています。

タコに対する対処方法

一般的にタコは皮膚の角質層が厚く硬くなったものであり、タコ自体が痛みの原因になることは少ないと思います。

しかし、タコが厚くなりすぎてしまうと皮膚にかかる摩擦が大きくなってタコの下にマメができてしまい、二次的な皮膚トラブルを起こすことがあるため注意が必要です。

また、野球やテニス等バットやラケットを握ってできた掌のタコにも注意が必要です。

なぜ掌のタコに注意が必要なのか?

それは、思わぬ骨折を招くリスクが潜んでいるためです。

野球選手では掌の小指側にタコができることが多いのですが、その下には有鈎骨(ゆうこうこつ)という骨があります。

少し専門的になりますが、有鈎骨には有鈎骨鈎(ゆうこうこつこう)という骨の突起があり、ハイレベルな野球選手になるとバットのグリップエンドから衝撃が伝わることで骨折してしまうことがあります。

野球選手に多い掌のタコは有鈎骨鈎に重なっていることが多く、タコが厚くなりすぎてしまうと有鈎骨鈎にかかる衝撃を大きくしてしまうことがあるのです。

「たかがタコでしょ」と軽く考えずに二次的な皮膚トラブルや外傷を防ぐためにケアすることをオススメします。

野球選手の掌(てのひら)にできたタコは要注意!

スポーツ現場では下記のようなタコ削りを利用して厚くなった角質を削ってケアしています。

タコ削り

刃が交換できるようになっていて経済的です。

タコ削り使い方

初めて使う方は削りすぎに注意してくださいね。

マメ

ぴーすけ

マメについて説明するね!

マメとは何か?

皮膚の1か所に刺激が加わることでできる水ぶくれになったものがマメとされています。

マメに対する対処方法

一般的にマメは痛みの原因になることが多いと思います。

しかし、正しい対処方法をとることで痛みを和らげ、皮膚再生を早めることができますので正しい対処方法を身につけましょう。

まず、マメは水ぶくれが潰れているかどうかで対処方法が異なります。

潰れていない場合

潰れていない場合は以下のどちらかの対処をします。

  1. 潰さずに絆創膏やテーピングにて保護しておく
  2. マメの中に溜まった水分(リンパ液)を針で穴を空けて抜く

マメが潰れていない場合は潰さないほうが良いと言われています。

マメの中は無菌状態のため、細菌に感染するリスクが無く、皮膚の再生が早く進むためです。

マメを潰さないように管理できるのであれば絆創膏やテーピングで保護してそのままにしておきましょう。

でも、マメって皮膚が擦れやすい場所にできるからそのままだと潰れそうですよね?

そんな時は消毒した針で穴を空けて中の水分(リンパ液)を抜いて流水で流した後、絆創膏とテーピングで保護しておきましょう。

マメの皮膚は無理に剝がしたりせず、残しておくのがポイントです。

マメの皮膚が残っている方が治癒が早いと言われているためです。

マメの皮膚は無理に剝がさず、そのままにしておく!

潰れてしまった場合

マメを潰してしまった場合は流水で洗い流して目に見える砂や泥などを取り除きます。

流水でしっかりと流すことができていればあえて消毒する必要はありません。

潰れてしまったマメの皮膚はできるだけ残すようにします。

どうしても邪魔な場合は邪魔な部分のみ清潔な爪切りなどで切りましょう

そのまま運動を続けなくてはいけない場合は下記のSpenco 2nd skinジェルクッションパッドリガードスキンケアを使用するのがオススメです。

セカンドスキン
セカンドスキン

ジェルクッションパッドを皮膚に貼った上からテーピングで保護しておくことで痛みを軽減して運動を継続することができます。

セカンドスキン使い方
セカンドスキン使い方
セカンドスキン使い方

リガードスキンケアもオススメです。

リガードスキン
リガードスキン使い方

その後、運動をを終えた後は皮膚にワセリンを塗って乾かさないように絆創膏で覆い、テーピング等で保護しておきます。

少し専門的になりますが湿潤療法といって皮膚は乾かさずに管理したほうが再生が早く、医療現場でも採用されています。

一昔前までは傷を乾かす方が治りが早い!といわれていましたが今では否定されています。

皮膚を乾かさないように管理するのがポイント!

まとめ

ぴーすけ

タコとマメの皮膚トラブルについてについてまとめるね!

タコとは何か?

  1. 皮膚の1か所に刺激が加わることでできる角質層が厚く硬くなったもの。
  2. 野球選手の掌(てのひら)にできたタコは要注意!
  3. 削って対処する!

マメとは何か?

  1. 皮膚の1か所に刺激が加わることでできる水ぶくれになったもの。
  2. マメの皮膚は無理に剝がさず、そのままにしておく!
  3. 皮膚を乾かさないように管理するのがポイント!
選手

ありがとうございました!