Life style PR

【NIKEエアフォース1】レビュー!ミニマリストにオススメの定番白スニーカー!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

NIKEエアフォース1を紹介

NIKEとは?

NIKEはアメリカの世界的なスポーツ用品大手メーカーの一つです。

1968年にBRS(ブルーリボンスポーツ)というアメリカにおけるオニツカタイガーの輸入販売店として設立されました。

1971年にはナイキの象徴であるスウォッシュがデザインされた最初のシューズが発売され、スウォッシュがギリシャ神話の勝利の女神である「Nike」に見えることからナイキと呼ばれるようになりました。

エアフォース1とは?

エアフォース1は1982年に誕生したNIKEを代表するバスケットボールシューズです。

最初はハイカットモデルのみでしたが、その後、ミッドカットモデルロウカットモデルが販売されました。

2000年頃になると様々な新色女性用サイズが展開され、瞬く間に世界中のファッションアイテムを代表するシューズになっていきます。

今では「エアフォース1を履いている人を見ない日は無い」というぐらい多くの方が履いているのではないでしょうか?

今回はエアフォース1の中でも定番と言えるロウカットモデルホワイトを紹介します。

エアフォース1を履いてみた

実際に履いてみました。結果、満足しています。

服を選ばない定番デザイン

エアフォース1のロウカットモデルはデイリーで使いやすい服を選ばない定番デザインのスニーカーです。

特にホワイトブラックといった単色がオススメです。

デニムやチノパン、ジョガーパンツ、ハーフパンツなど何にでも合わせやすく、1足持っておくと靴を選ぶ手間が省けます。

汚れに強いアッパー

エアフォース1のアッパーには天然皮革が使われています。

※一部天然皮革ではないモデルもあり

天然皮革というと汚れに弱いイメージありませんか?実はそんなこと無いです。

エアフォース1には顔料仕上げ天然皮革が使われていると思います(※違ったらすみません…)。

顔料仕上げの革は表面を顔料で覆うため、比較的汚れ雨に強いです。

汚れても落ちやすく、防水スプレーをせずに多少の雨なら問題なく履けますね。

水洗いできる…?

エアフォース1のホワイトはキレイに履きたいので時々水洗いしています。

中性洗剤を使って水洗いしていますが全く問題ないですね。

洗い終わって乾かしたら革用ケアクリームを塗布しています。

少し気になる点…

履いてみて少し気になった点を挙げてみます。

結構重い…?

エアフォース1は見た目通り結構重いです。

他のスニーカーと比較すると一目瞭然で50g~100g重いですね。

  1. エアフォース1(NIKE)458g
  2. オールドスクールPRO(VANS)391g
  3. スタンスミス(adidas)361g
  4. M1400(NewBalance)337g

ただし、元々はバスケットボールシューズということもあって長時間履いても疲れにくく感じます。

すり減るとソールに穴が…

エアフォース1のスニーカーのソールはすり減ると穴が開きます。

すり減らないように注意して履いていましたが、2年程で穴が見えてきてしまいました。

ソールが空洞になっているのは軽量化するためだと思うのでしょうがないですが…。

穴が露出すると石などが挟まってストレスになるかもしれません。

まとめ

NIKEエアフォース1を紹介しました。

『定番スニーカー』というだけあって皆さんにオススメできる白スニーカーです。

引き続きエアフォース1が販売され続けることを期待しています。